前へ
次へ

人材派遣で働く場合の注意点とは

日本では人材派遣で働く人が多くなっていますが、正規雇用者とどこが違うのかではっきりと認識していない場合があります。人材派遣で働く労働者を非正規雇用者と言いますが、正規雇用者との大きな違いは働いている企業が制定している待遇を受けられないということです。これは非正規雇用者は基本的に派遣会社に所属する労働者であり、その派遣会社と労働契約を結んだ企業に出向して労働力を提供しているという形式になっています。そのため業務内容は正規雇用者と同じであっても給与は派遣会社から支払われることになりますし、保険や待遇も派遣会社の規定で決められることになるため、派遣先企業の待遇などは原則として関係がありません。人材派遣では労働力を提供するだけで、それ以上の役目を担わないというのが一般的です。しかし、派遣されている企業に認められれば直接雇用に切り替えてもらう機会はありますし、責任ある立場になることもあるでしょう。これは企業側も非正規雇用で働いていても人間性を見ているからであり、いつでも正規雇用にしてもらうチャンスはあると言えます。どのような雇用形態であっても給料を受け取る以上は誠心誠意業務に取り組むのが当然であり、その行動に対する対価は受けられると考えていた方がいいでしょう。

Page Top